作家のうつわの店「8ドリ」。温かで、華のある作家さんの器を取り揃えております。
器のサイズ

・一寸・・・約3cm⇒例)5寸皿は約15cmになります。

4寸くらいが小皿、5寸くらいが中皿、7〜8寸くらいは大皿とわけられます。



器の部位

・口縁(こうえん)・・・いわゆるふちの部分になります。一重口が一般的ですが、口縁が外に反っている端反(はたぞり・はぞり)、外側にくるみ込んだ玉縁(たまぶち)、かかえ口などもあります。

・見込み(みこみ)内側全体、もしくは内底の中央部をさすこともあります。

・高台(こうだい)皿・鉢などの底についている台の部分で「糸底(いとぞこ)」とも呼ばれます。



用語

・粉引(こひき・こびき)鉄分の多い素地に白泥を化粧がけし、さらに透明釉をかけて焼成したもの。白い粉を引いたように見えるところから粉引といいます。

・イッチン(いっちん)ケーキのデコレーションのように口金から絞り出すように描く文様のこと。ハナツユさんはスポイトで細かく施しています。

・鎬(しのぎ)ヘラなどでえぐるように削り、境目をきわだたせた立体感のある文様

・布目(ぬのめ)型に敷いた布の跡。布を押し当ててわざとつけた織り目の文様

・刷毛目(はけめ)白い化粧土を刷毛でいっきの塗る技法

・櫛目(くしめ)櫛状の道具で波形の平行線模様などを描いて焼成するもの

・御本(ごほん)土の中に含まれている鉄分が窯変し薄ピンク色彩や斑点状の模様が現れること

・貫入(かんにゅう)釉面に細かいヒビの入った状態。素地と釉薬の収縮率の違いによって生まれるもので、意図的に入れる事が多く使ううちに独特の味わいが生まれる。

・釉(うわぐすり・ゆう)素焼に浸透させて焼成するその液体を釉・釉薬といいます。表面の装飾と吸水性をなくすために施されます。

・飴釉(あめゆう)茶褐色の釉薬。鉄分を多く含む釉薬が酸化焼成によって透明感のある飴色になります。

・灰釉(はいぐすり・かいゆう)木や草を焼いた天然の灰を原料として作る釉


template by カラフル*オークション
image by fine
Top